もっと成長するために!店長研修のポイントや内容などを紹介します

このサイトでは、店長研修の具体的な内容や抑えるべきポイントなどを解説しています。
売り場のリーダーとして今よりも活躍し売上に貢献するための研修です。
しっかり習得して現場で活かしたいものです。
そもそも一般研修と店長ターゲットの研修はどういった点が違うのでしょうか。
それについても具体的に説明しています。
また研修を受けたことで実感できる成長面においても、事例を挙げています。
これから研修を受ける店長にとって、知っておくべきことが満載です。

もっと成長するために!店長研修のポイントや内容などを紹介します

店長研修を受ければそれで終わりではありません。
最も大切なことは、せっかく学んだスキルやノウハウなどをいかに現場に活かすかです。
そのためには、研修後に成長できるように勉強したことを復習すると良いでしょう。
方法として、研修中は重要ポイントは必ずメモして、家に帰ったら見直すようにします。
覚えるべきことはトイレに貼るなどすれば、毎日見ることができて記憶しやすいです。
店長研修で習得したスキルは、現場にて積極的に試してみることも大切です。

店長研修を受けることのメリットとは?

店長研修で得られるメリットとして、マナーや礼儀作法が学べることがまず挙げられます。
ときにお客様からクレームが来たときなど、店長は適切な対処方法を取らなければなりません。
そのとききちんとしたマナー作法があれば、大きなトラブルに至らずに済むでしょう。
また店長研修では、部下とのコミュニケーションの取り方や教育指導についても身に付きます。
いかに部下を育てることができるかは、店長の力量にかかっています。
部下との関係がうまくいき部下のモチベーションを高めることができれば、仕事もスムーズにいくはずです。
さらに売り場の雰囲気を盛り上げるポイントが分かることもメリットです。
販売店であれば購買意欲につながるディプレイ方法なども学べるでしょう。
店長研修ではほかの支店の店長と話す機会もあり、お互いに励まし合うことができるのも良い点です。
近況報告をして、良きライバルであり理解者としてその後も切磋琢磨していくことができます。
店長の責任感を実感して、自分と向き合う時間が持てます。

店長研修で是非とも身に付けたいスキル

店舗の責任者として成長するために店長研修に参加するのなら、最初に受けたいのがオペレーションに関する指導です。
スタッフの能力を把握して役割分担を決めなければ、能力を十分に活かせずにストレスを抱えさせることになりかねません。
人材を育成するための能力を身につけたい時にも店長研修は最適で、スタッフの成長を促すことで店舗の売り上げを伸ばす効果が期待できます。
スタッフがどの作業に苦手意識を持っているのか見分けて、指導力を発揮するためのスキルを身につけたい時に最適です。
店長のコミュニケーション能力が低いと、仕事に関する悩みなどをスタッフから聞けなくて問題の解決が遅れてしまうので、店長研修では話術などの指導が行われる場合もあります。
スタッフの手本として働くためにマナーや接客能力の指導を受けることで、自信を持って業務を続けられるのも利点です。
指導者に必要な能力を得るためにも、プロの指導を受けることを推奨します。

一般的な店長研修の受講メニューや講習内容

あらゆる面で影響力の大きい店長自身の成長を促すためにも店長研修は欠かせません。
一般的な店長研修の受講メニューは、店長に求められる役割や店舗のマネジメント力の向上、部下の育成法などが一般的です。
さらには経営者として会社から求められるノルマを達成するための役割もあります。
店長研修の講習内容は、まずは店長自身が仕事に対してやりがいや達成感、喜びなどを見出すための認識を行います。
そうすることで働きがいのある店舗とは何かを再認識することができます。
その他にも一緒に働いてくれる部下に対してモチベーションを高めるためのコミュニケーションの方法や、未知の業務にチャレンジしてもらうためのポイントなどを学びます。
店長1人ではお店は回りませんので部下との良好な関係性の維持は必須です。
また店舗でしっかりと利益を出し会社に貢献しなければならないのも店長の責務であるため、経営者として経営のノウハウも講習で学ぶことになります。

より充実した店長研修にするためのポイントは?

より充実した店長研修にするためのポイントですが、どんな業界でも当てはまりそうな一般論的な内容も基礎という意味では無視はできませんが、それだけに終始するのではなくて、できるだけ自分たちの店舗運営に沿った具体的な内容を含むものにすることが挙げられます。
例えば、複数の店舗を展開している会社の店長研修であれば、実際に優秀な成績をあげている店長を講師の一人に招くとか、その取り組みについてディスカッションするなどが考えられます。
こうなると、題材は具体的であり実際に自分の会社内で起こっていることなのですから、研修を受ける者も引き込まれないわけにはいきません。
逆に危機感を持たせるためには、別に特定の個人を槍玉に挙げる意図ではなくても思ったように成績が伸びないお店を題材にし、あなたがもしその店長であればどうするかを考えさせ、場合によっては単に考えだけを披露するのではなく実際の対策に取り入れるといったやり方もあるかもしれません。

著者:小野和弘

筆者プロフィール

福井県鯖江市生まれ。
店長研修に関する記事を書いています。
店長研修についてもっと詳しく!